イヤホンと一緒に歩んでいく

某家電量販店のオーディオコーナーで働いていました。みごとに沼にはまりました。はい。

【レビュー】iPad mini 5 仕事にプライベートに肌身離さず使える、最も小さいiPad【Apple】

こんばんは。mugihalです。

今回は、「iPad mini 5」を購入しましたのでレビューをします。

iPadは欲しいけど大きいのがネックだった…

まず、購入の経緯から。

アップル製品はiPhone5からデビューし、日々使い続けていますが、ここ1年ほどiPadが欲しいなあと思っていました。

iPad第6世代(2018)は、A10チップを搭載しながらWi-Fiモデル32GBで約4万円とお得感が強く、非常に興味をひかれました。タブレットPCでゲームをするわけでもありませんから、ベンチマークのデータはあくまで指標の一つとして、それほど気にしてはいませんでしたが、Androidの機種と比べると性能の良さが感じられました。iPadが高いと言う意見を散見しますが、性能と価格のバランスはむしろAndroidよりも優れていると思います。

しかし、長いこと欲しいなあと思っていたのですが、なかなか踏み切れなかったのは、そのサイズ感。iPad第6世代は9.7インチでとても片手では持てないサイズです。iPad Pro 9.7インチを持っている人が身近にいますので、触れる機会はありましたが、触ると「すげー」「いいなあ」と思っても、数分後には疲れて手から離れていました。タブレットは携帯電話ほどとはいかずとも、肌身離さず持ち歩きたい機器の一つですから、サイズ感は切っても切れません。

突如 発表された新型mini

そんな中、iPad mini 4のサイズ感に惹かれ、購入しようか迷うこともありましたが、A8チップという型落ち感が否めないスペックとそこそこの値段から二の足を踏みました。

iPad miniは3年も新しいモデルが登場せず、このままディスコンなんて噂もあったので、とても残念でしたが、mini5が出る出ないなんて話もチラホラあって、現行スペックで出たら絶対買おうと決めていました。

そして、2019年3月18日にゲリラでアップル公式サイトに登場したiPad mini5は、A12チップ・ApplePencil対応・フルラミネーション・TrueTone搭載で価格はほぼ据え置きということで即決を決めました。

3月26日にヨドバシドットコムで予約し、4月3日に到着して、ようやく、iPadを手にすることができました。

続きを読む

【レビュー】qdc 4CS カスタムIEM2本目、手を焼く相棒

ヘッドフォン祭会場の中野サンプラザ


2018年4月、春のヘッドフォン祭2018。

場所は中野サンプラザ

ボクは、会場で耳型インプレッションを採取し、オーダーシートに記入しました。

qdcの4CSのオーダーシートに記入しました。



どうも、mugiHaLです!

今回は、qdcのカスタムIEM「4CS」についてレビューというよりご紹介していきます。


2度目のカスタムIEM選び


はじめてのカスタムIEMは、2017年の12月に注文、翌年2月に手にしました。機種は、カナルワークスのCW-L02。


audio-zk.hatenablog.com


自分でデザインした愛着。唯一無二の装着感。

カスタムIEMって良いな、なーんて思ってしまうと次は何にしようかという欲が出てきてしまいます。そんな熱々のタイミングで行われた「春のヘッドフォン祭2018」。カスタムIEMもキャンペーン価格ということで、qdcの4CSを注文しました。

続きを読む

【レビュー】radius HP-HHR11R 低音が良い! ビックカメラ限定 ハイブリッド型イヤホン

こんばんは、mugihalです。

今回は、先日ご紹介した「ACTIVO CT10 ビッカメ娘」と一緒に福袋に入っていたイヤホン radius(ラディウス)の「HP-HHR11R」についてレビューします。


ACTIVO CT10の記事はこちら。
audio-zk.hatenablog.com


HP-HHR11Rはビックカメラグループ限定販売の商品で、10,000円以上するイヤホンです。福袋の値段が20,000円でしたので、かなりお得だったことが分かります(価値はともかくとして)。


仕様は以下の通りです。radiusのメーカーHPには、本製品の仕様ページが見つからなかったので、ビックカメラの販売ページから引用しています。なぜだ。

型番 HPHHR11RW/K/P
ケーブル長 1.2m mmcxリケーブルタイプ
ドライバーユニット ハイブリッド2 ウェイ
バランスド・アーマチュア1 基+Φ8mm ダイナミック
出力音圧レベル 98±2.5dB (126mV / 1kHz)
再生周波数帯域 20Hz-40.000Hz
最大入力 5mW
インピーダンス 17Ω±15%
プラグ Φ3.5mm 金メッキステレオミニプラグ
付属品 ・イヤーピース(XS、S、M、L)
・イヤーフック(クリア)
・ポーチ
・マニュアル/ 保証書
メーカー発売日 2017年11月17日


1BA+1DDのハイブリッド型イヤホンです。1万円強でハイブリッドで日本メーカーってなかなか凄いスペックだと思うんですが、ビックカメラ限定っていうのが幅を狭めている感じがします。radiusのBAっていうのも珍しさがあります。

続きを読む

【レビュー】ACTIVO CT10 かわいい見た目と確かな音質は程よい選択

こんばんは。
mugihalです。


2019年の元日、初めて福袋を購入しました。

田舎の地元では、初売りというものはありませんでしたし、上京してからも正月は出不精でしたので縁がありませんでした。世間でも言われていますが、「平成最後だから」せっかくだし何かするのは良いことだと思います。


ビックロで朝から並びました

元日、連れと2人で朝のビックロに並びました。福袋の中身は基本分からないのですが、この福袋についてはチラシに写真が載っていて、お買い得すぎると思い2018年末はそわそわしていました。



という訳で、初めての福袋はビックカメラの福箱、ACTIO CT10でした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

groovers japan ACTIVO CT10 Cool White 【A...
価格:34848円(税込、送料無料) (2019/2/10時点)



丸みを帯びた使いやすいデザイン


ビッカメ娘のプリントデザインは少し派手

CT10がこの値段で!?というのが一番でしたが、”ビッカメ娘キャラクターデザイン入り”という言葉にかなり期待していました。実際、手にしてみると少々派手な気がして、電車とかで出すのは若干恥ずかしいような気もしています。モノクロだったらめっちゃ良いのになあと。

続きを読む

【レビュー】Co-Donguri Balance(4.4㎜) 見た目・使いやすさ良しのハイコスパイヤホン

こんにちは。
mugihalです。

Co-Donguri Balance(4.4㎜)を2018年12月に購入しました。しばらく使用してみたので軽ーくレビューします。


Co-Donguriとは

Co-Donguriと言えば、マニアの中では超有名な「Co-Donguri雫」。装着感と綺麗な音質で人気がありました。昨年、その名機が素材を真鍮へ変え、価格も下げつつ登場しました。それが、「Co-Donguri Brass」です。


Co-Donguri Brassにはバリエーションがあります。4.4mmバランス接続プラグと2.5㎜バランス接続プラグの「Co-Donguri Balance」です。ボクは、NW-WM1Aで使用するため、4.4㎜仕様のCo-Donguriを購入しました。

続きを読む

Apple Watch Series 4 QOLを上げよう

こんにちは。
Mugihalです。

PayPayキャンペーンの際、AirPodsに加えて、Apple Watch Series 4を購入しました。1か月半使用したのでご紹介します。

www.apple.com


ボクは、「Apple Watch Series 4 44㎜ ゴールドアルミニウムケース」を購入しました。


開封

箱は細長く、見慣れない雰囲気でした。

続きを読む

【購入レビュー】Apple AirPods を3週間使用してみた

こんばんは。
mugihalです。

最近、Apple信者になりつつあります。

12月頭のPayPay祭りで、AirPodsを購入しました。
それから約3週間使用してみての感想をまとめます。


開封

まずは、開封したときのインプレッションです。



外箱(正面)



外箱(裏面)

外見は超シンプル。
Bluetoothイヤホンに対して勝手なイメージですが、無駄にでかくてスカスカの物が多い気がします。
これは高級感があります。

続きを読む