イヤホンと一緒に歩んでいく

某家電量販店のオーディオコーナーで働いていました。みごとに沼にはまりました。はい。

SHURE SE425 イヤホン 購入レビュー

こんばんは

 

1月に購入した、「SE425」のエージングが終わりました(とっくに終わってる)のでレビューします。

 

1.音の感想

さて、エージング終了後の印象を書いていきます。

商品はこちら。

 

 

価格.com ¥25,520(2017/2/18)


 

スペックは、

・バランスド・アーマチュア型ドライバ×2基

・再生周波数帯域:20Hz~19kHz

インピーダンス:22Ω

・音圧感度:109db

 

(出典:

SHURE製品HP、https://www.shure.co.jp/ja/products/earphones/se425

価格.comhttp://kakaku.com/item/K0000126808/spec/?lid=spec_anchorlink_details#tab

となっております。

 

特筆すべき点は、バランスド・アーマチュア型(以下、BA型)ドライバが2基というところでしょう。

一概には言えませんが、BA型は、通常のイヤホンに搭載されているダイナミック型と比較して、高音が強いという特徴がありますね。

 

 

…で、このイヤホン。

BA型ドライバが2基であり、1基は高音、もう1基は低音を出すようチューニングされています。

コンセプトだけ見ると、ドンシャリのような感じですね。

 

 

 

f:id:zk_39:20180108153856j:plain

箱。SE215より多少大きいです。SHUREのイヤホンは箱で中身が見れていいですね。

 

 

 

f:id:zk_39:20180108153900j:plain

SE425本体。ケーブルは海外仕様で長いです。

 

 

 

f:id:zk_39:20180108153904j:plain

イヤホンケースが付属しています。これ結構頑丈で嬉しいです。

 

そして実際に聞いてみると、「かまぼこ型」という印象を受けました。

かまぼこ型とは、低音・中音・高音と分けたときに、真ん中あたり(中音域)が強調されているようなものですね。

低音は正直、申し訳程度でうまーく全体を支えているような感じです。

僕は、フラット気味な音が好きなので、割りとこのかまぼこ型の音は好きです。

 

SONYaudio-technicaのイヤホンをお使いの方であれば、若干物足りなく感じるかもしれないです。

BA型のイヤホンは低音より高音が強い傾向なので、方向性としてはこんな所かな、と思います。

 

さらに、ざっくりとしたイメージですが、

・音場は狭い

・定位はしっかりしている

・中域(ボーカル、ギター)が強め

という感じです。

 

ジャンルとしては、ロックなどに向いているかと思いました。

僕の聴く曲からだと、Nirvanaの「Smells Like Teen Spirit」あたりがとても心地良いです。

ゴリゴリなハードロック、メタル系には向いておらず、パンクロックとかグランジに向いているかと思います。

あとは、アイドルなどの女性ボーカルやクラシックも行けるイヤホンですね。

繊細なので、綺麗に聴きたいという方に向いていると思います。

 

2.購入の経緯

次に、購入に至った経緯をお話します。

 

まず、以前ご紹介した、radiusの「TWF-41」。 

 

audio-zk.hatenablog.com

 

こちらも値段が4万程度でなかなか良いダイナミック型イヤホンでしたが、1台くらいはBA型も欲しいなということで、BA型イヤホンの購入を決めました。

この時点で、他にもSHUREの「SE215」、Razerの「HanmmerHead」を所持していましたが、全てダイナミック型だったんです。

 

 

 

f:id:zk_39:20180108153907j:plain

SE425(下)とSE215(上)。カタチは若干違う!

 

次に、SHUREのシリーズの中から、これを選んだのか?という点から。

 

現行モデルのSHUREのイヤホンは、

・SE215(ダイナミック型)

・SE215 SPE(ダイナミック型)

・SE315(BA型×1基)

・SE425(BA型×2基)

・SE535(BA型×3基)

・SE535 SPE(BA型×3基)

・SE846(BA型×4基)

の5機種となっております。

 

BA型ドライバが増えれば、音も良く、値段も良いという認識で良いでしょう。

そこで、どこで落とし所をつけるかという事になりました。

 

BA型ドライバ1基のSE315は、高音ドライバのみでどうもレビューなどを見ていても低音が物足りないそうで、2万円で購入すべきものでは無いかなと思いました。

 

そして、本機SE425。

お値段、構成を考えてバランスが良いかなと思いました。

 

SE535は、SPE(日本仕様)ともに街でも良く見かけます。

名機です。

そして、オシャレです。

実際視聴したのですが、「BA3基ってこんなにうるさいの?」っていうのが正直な感想でした。

確かに、音のディテールはしっかりしているのですが、音がゴチャゴチャしすぎていて、聴き疲れするように感じました。

BA型ドライバは多ければ多いほど良いのか、という疑問にもなりました。

 

SE846は最上位モデルで、お値段が少し吹っ飛んでいます。

僕の用途などから考えると候補外ですね。

でも評判はすごいです。

今度、視聴したいなあ、と。

結論として、総合的に値段が手頃というのと、SE535が思っていたより聴きづらいという事もあってSE425にしました。

 

WESTONEとかUE、他にもメーカーがありますが、この値段でこのスペックはなかなか無いと思います。

あと、個人的なことなのですが、見た目も気にしてしまいますので、finalやエティモティックリサーチのイヤホン、良いと分かってても手を出せないのです。

ここは本当に完全に好みですね。

 

 

 

f:id:zk_39:20180108153910j:plain

適当に走り書きましたが、SE425良いイヤホンです。

 

都心部にお住まいのかた、ヨドバシカメラビックカメラ、e☆イヤホンさんで視聴も出来るので、是非視聴して頂きたいです。

SE315の方が好きって方もいますし、BA型は難しいです。

 

あとは、リケーブル、します!

この前e☆イヤホンさんで1時間くらいリケーブル試しましたが、比較するとなかなか純正のケーブルが良いなあと思い、決められませんでした。

 

ではでは