イヤホンと一緒に歩んでいく

某家電量販店のオーディオコーナーで働いていました。みごとに沼にはまりました。はい。

【ヘッドホン】AKG(アーカーゲー) Y40 超コンパクトヘッドホンだけどどうなの?【レビュー】

こんにちは、mugiHaLです。

昨日は、「春のヘッドフォン祭2018」へ参加してきました。
フジヤエービックのカスタムIEMセール目当てで行きましたが、気になる新製品が数多く展示されていたので、時間を忘れて楽しんできました。

気になったのは、DAPではFiiOのM7ですね。
X7やX5よりも新しく、Android7.0ベースのOSのため、動作が非常に軽快というのが高ポイントでした。



FiiO M7



FiiO M7


AK100IIやPLENUE Jのようなデザインで重量も軽いためポータブルに最適で、価格も25,000円程度になるとのこと。
充電やデータ接続端子はTypeC。容量は500GBのサポートと新基準で設計されているので、長く使えそうなのも◎。
わくわく。

それから、一番印象に残ったのは、AUDEARAのヘッドホンでした。

オーストラリアのメーカのため日本で呼びかけられている「セーフリスニング」はありませんが、同じようなコンセプトで設計されていて、アプリ上で音のポイントを32個設定できるもの。
たとえば、低音中音高音という3ポイントが強いピラミッド型のイヤホンで、中間の音が聴きたいというときに音量を上げてしまうと相対的に3ポイントの音量が上がってしまい、聴力に影響を及ぼします。



AUDEARA A-01



AUDEARAブースにて


このヘッドホンおよびアプリでは、自分が聴きたい音の部分だけを32ポイントから強調することで、不用意な音量上昇を防ぐというもの。高級イヤホン、多ドラのイヤホンを持っている人には分かるかと思いますが、あまり興味が無い人からすれば何のことやら。

しかし、設計者の方は、そういった特に興味のない人にこそ聴いてほしいとのこと。年齢を重ねたり、体調によってもどの音域が聞こえれば心地よいかが変わるため、柔軟に対応できるこのヘッドホンこそ


あ、今回の本題は購入レビューでした(´・ω・`)



開封


いつものように、Yahoo!ショッピングのポイントが切れるということで、5の付く日は何かしら買っていますが、今回は「AKG Y40」を選定しました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AKG ヘッドホン(ブルー) Y40BLU [振込不可]
価格:3218円(税込、送料別) (2018/4/30時点)



今までいろいろなイヤホンを手にしてきましたが、カスタムIEMが耳を独占状態のため、ほとんど手放してしまいました。カスタムIEMにしてから、耳の状態が良くて、シリコンのイヤーピースだと荒れてしまうので。
新たにイヤホン買うのも躊躇してしまうので、今回は久しぶりにヘッドホンを購入しました。



Y40 外箱


Y40は2018年現在では、市場在庫もほとんど無く、在庫処分価格で出回っています。
そのためか、箱はすこしダメージがありましたね笑
ボクは3,000円ほどで購入しました。



Y40 本体


カラーバリエーションは、ブラック、イエロー、ブルーの3色がありましたが、ブルーを選択。
上位モデルのY50はかなりの色がありましたが、Y40はユーザーがやや限定的なのか小さな展開です。


audio-zk.hatenablog.com
Y50は以前レビューしています。
頭頂部が痛いため、手放してしまっています。
今思えば、ヘッドホンで唯一手放した機種でもありますね…。



Y40 付属品


付属品は説明書や保証書、キャリングケースとごくごく普通ですが、ケースの質感は良好です。
Y50、プレゼント用に買ったK845BT、Y40とAKG製品は3つ目ですが、すべてケースが良くて”さすが”という印象。
ボクの中では、ブランドイメージが高いです。

音質・装着感


プレーヤー

  • AK70

楽曲

普段はイヤホンばかり聴いているため、ヘッドホンの音質というのはなかなか難しいですね。性格が全く異なります。


まず、American idiotを聴きましたが、第一印象として低音の主張の強さが際立ちました。バスドラムが重いサウンドで響き、余韻を与えてくれます。BA型イヤホンのように、高解像度で歯切れの良い低音ではなく、粒がやや大きく空気感を感じるような低音です。しかし、ブーミーな感じは無く気持ち良いサウンドです。

高音域はやや解像度低めですが、必要最低限の情報量があり、耳に刺さらないシンバルがノリの良さを感じさせます。ベースはややウォームな感じがしますが、ギターやハイハットはソリッドめでキレがあります。

ボーカルは近くもありませんが、遠くもなく、不足なく聴こえています。しかし、中音域のレンジがやや狭いのか、息苦しさを感じ、伸びもそれほどないためボーカル曲では曲を選ぶような印象を受けました。


次に、一度だけの恋ならを聴きました。

ボクの好みで、いままで高解像度のイヤホンを使っていたためか、若干の違和感。
ワルキューレの「これぞアニソン」という情報量。先ほどのGreen Dayのようなバンドとは違い、音数が多い楽曲では上手く処理が出来ておらず、やや疲れるような音になってしまっています。定位感もやや曖昧な所があります。

それでも、各音域のピーク設定が上手で、楽しい楽曲に仕上げています。室内で聴いてレビューしているため、上記のような感想を持ちましたが、野外では実はこのくらいの方がいいのかも。ヘッドホンで解像度はほぼ感じられないと思うので。


次に、FANTASTIC BABYです。最近わりと良く聴いていて、試聴時の特に低音評価のリファレンスとしています。

American idiotの時に感じたように、やはり低音は良く出ていますし、ドシドシ来るので非常に楽しい曲に感じます。サビの部分は首でついついノッてしまうようなインパクトがあり、このコンパクトなヘッドホンから体に伝わるような感覚です。

気持ち悪くなってしまうような感じもなく、うわずるでもなく、低音の質が本当に高いです。



Y40 イヤーパッド


装着感については、まだ使い始めてすぐのため評価しにくいですが、なかなか良いです。このヘッドホンはイヤーパッドを耳に乗っける、いわゆるオンイヤーヘッドホンです。

このタイプは耳が痛くなるだろう、と敬遠していて今回初めて買いましたが、思っていたより良かったです。側圧はやや強めですが、通勤通学程度では問題なさそうで、頭頂部の刺激が弱いのもGood。

ボクは頭部分が小さいというか低いというか。
そのため、MDR-1Aなどのオーバーイヤーのヘッドホンを装着すると、横に隙間が出来てすごいダサいのですが、Y40はサイズが小さく良い感じです。おしゃれ目線でヘッドホンを見てもいいと思います。ハウジングが小さいので、首にかけても全然邪魔くさく感じないです。

まとめ


AKGの音質は、味付け薄めのキレイ系サウンドと良く言われていますが、以前のY50や今回のY40は屋外での使用を想定されてか、低音が強くて「らしさ」は感じられないものの、良い個性を持っていて良い商品だと思いました。
Bluetooth製品に押され気味なポータブルオーディオですが、たまにはヘッドホンもありかと思います。無線ヘッドホンはバッテリーが入っているので、やや重量感があります。そのため、有線タイプの装着感はやはり魅力的ですね。

リケーブル可能ですが、ヘッドホン側の端子が3極なので、バランス化は出来ません。あくまで断線対策として考えましょう。
そういえば、Y50は4極でした。

ヘッドホン沼も良さそうだなあ(?)

ではでは。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハーマンインターナショナル ヘッドホン Y40YEL (イエロー)
価格:3218円(税込、送料別) (2018/4/30時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AKG ヘッドホン(ブルー) Y40BLU [振込不可]
価格:3218円(税込、送料別) (2018/4/30時点)