イヤホンと一緒に歩んでいく

某家電量販店のオーディオコーナーで働いていました。みごとに沼にはまりました。はい。

【購入レビュー】Apple AirPods を3週間使用してみた

こんばんは。
mugihalです。

最近、Apple信者になりつつあります。

12月頭のPayPay祭りで、AirPodsを購入しました。
それから約3週間使用してみての感想をまとめます。


開封

まずは、開封したときのインプレッションです。



外箱(正面)



外箱(裏面)

外見は超シンプル。
Bluetoothイヤホンに対して勝手なイメージですが、無駄にでかくてスカスカの物が多い気がします。
これは高級感があります。



内装

外装を取れば、AirPodsの入れ物がちょこんと。
フィルムがオムツみたいでかわいい。



ケース

純正ケースはロゴがありません。
模倣品と区別がつきにくそうですね。
でも、そこがいい。



AirPodsとケース

ケースのふたを開けるとAirPodsがあります。
ふたは軽いですが、閉めるときの音がめちゃくちゃ響きます。
喫煙はしませんが、ジッポライターのような気持ちよさといったら良いでしょうか。
癖になりますが、迷惑にもなります。


音質

ブログのテーマに沿ってイヤホンとしてのレビューもしておきます。

環境は、iPhone7とBluetooth接続しています。
AirPodsの価格はおよそ2万円弱です。音に関してはコスパは良くありません。

イヤーピースが無いので、遮音性は皆無ですが、装着感はそれなりに良いです。
ボクは、ゲームとかPCに軽く繋いで音を聞きたいときに、EarPodsを使用していました。イヤーピースが無いと、耳が楽ですし、耳に乗せるだけで使えるという手軽さはアンデンティティーだと思っています。

音の傾向は、低音が強く後ろから響く感じです。BA型や、今どきのイヤホンのような、上ずった浮いている低音ではないです。クレープの生地のように、ほかの音域が際立つような基礎のような存在になっています。

高音が苦手で、人によってはシャリついていなくて良いという方もいるかと思いますが、女性ボーカルや金属音、アニソンのような電子系はやや苦手な印象を受けました。

Appleのオーディオ担当ということで、Beatsの得意分野。ダンス系、ベースミュージックは聞き応えがあります。Beatsのヘッドホンは、長時間聞いていると頭が痛くなるような底鳴りする低音ですが、AirPodsは、遮音性が低く適度な量感で、毎日2時間聞いていてもストレスになりません。この密閉感でこの低音量は異常だと思いますが、上手い事調整されていて商品として素晴らしい出来だと思います。


良かったところ

今では、ボクも耳からうどんを垂らしている訳ですが、発売当初は「ダサい」とか「ミーハー」という印象しかありませんでした。
発売されて2年が経って、使用してみて良さに気づきました。



AirPods

まず、通信品質が素晴らしいです。
TaoTronicsのイヤホンや、AKGのヘッドホンを使用したことがありましたが、ブツブツと途切れる事が頻出したので、ほとんど使用しませんでした。
それらの機器は、家の中でもポケットとイヤホンの距離で途切れる事もあったり、新宿駅や電車の中では途切れている時間の方が長いのでは、というレベルでした。

AirPodsを3週間使用していますが、1日に1回か2回くらいしか途切れる現象は起きていません。ボクは、新宿から中央線に乗って通勤時間は2時間です。こんな過酷な環境でもパフォーマンスを発揮し続けるのはすごい事だと思います。

また、持ち運びやすさも気に入っています。
もともと、イヤホンをペリカンケースとか大きめのケースに入れる習慣があるので、専用のケースがあるのはとてもうれしいです。イヤホンはグルグルポイーな人には少し煩わしさがあるかもしれないです。

バッテリー持ちも良いです。
イヤホンケースから取り出して、2時間の連続使用もバリバリ行けています。連続して2時間使えれば十分すぎると思います。使い終わったら、ケースに戻せば回復するので、日ごろからバッテリー残量を気にする事はあまり無いです。
また、iPhoneに近づけてケースのふたを開けると、iPhoneの画面上にケースの残量とイヤホンの残量が表示されるので、確認も簡単です。

ペアリングが楽なのも良いです。
ケースから片耳ずつ取り出したら、その時点で接続完了です。


良くないところ

良いところばっかりですが、悪いところが今のところ、ほとんど無いです。

強いて言えば、ポロっと行っちゃいそうなところでしょうか。

ボクの連れは、耳の形状が合わず、ほとんどのイヤホンがしっかり付けられません。AirPodsは特に顕著で、イヤーピースで調整もできないので、実際に買う際は試着はした方が良いかと思います。
EarPods(iPhone付属のイヤホン)で問題ない方は、そのまま使用できると思います。

音質のお話でも言いましたが、AirPodsに音を求めるのはナンセンスです。AirPodsは機能や使いやすさが素晴らしいです。
Androidユーザーには、使い心地が変わってしまう可能性もあります。
Apple製品はApple製品で使ってこそという所があります。


さいごに

PayPayが無ければ買っていなかったAirPodsですが、本当に買って良かったです。
イケイケな人とか、リア充のイメージがめちゃくちゃ強いAirPodsですが、iPhoneユーザーの皆さん。イメージにとらわれず使ってみることを強くオススメします。

2018年、春に10万越えのカスタムIEMをオーダーし、夏に10万越えのウォークマンを購入したにも関わらず、年末の今月、1回も使用していないという始末。
何だかなあ。

ではでは。