イヤホンと一緒に歩んでいく

某家電量販店のオーディオコーナーで働いていました。みごとに沼にはまりました。はい。

【DAP】2018年。DAPの比較をしてみた!

こんばんは。

ヨドバシのポイントとかが貯まりつつあるため、何を買おうか思案中のむぎです。
無理に使おうとしないで必要なことに使えばいいのに、なぜかポイントって大きな買い物に使いたくなりますよね。

イヤホンとかアンプとかいろいろ欲しいものがありますが、今回はDAPにフォーカスを当ててみます。

目的

ハイレゾ対応DAPとひとくちに言っても、ブランドも商品もかなりの数が市場にあります。
ひとつひとつの特徴とか欲しい情報って個別に検索しないと得られなく、メモ程度にまとめてみたかったので。

いま現在、私が使用しているのは、Astell&KernのAK70です。
そこからの「スペックアップ」なのか気分で替える「サブ機」なのか決めていませんが、とりあえず同等のスペックが欲しいため、

  • バランス接続
  • レスポンスが良い

という点を重視していこうかと思います。

正直、量販店の試聴では実際の使用感はほとんど分からないので、スペックで比較したい。

オンキヨー/パイオニア

DP-X1A


・OS:Android5.1
・容量:64GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:ES9018K2M×2
・アンプ:SABRE 9601K×2
・再生時間:約16時間(96kHz/24bit Flac アンバランス)
・サイズ:H129×W75.9×T12.7mm
・重量:205g

メモ
バランス駆動時DAC×2、アンプ×2で駆動。
アンバランス時DAC×1、アンプ×1で駆動。
アンバランス時のS/N比とセパレーションはイマイチ?

DP-S1

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

rubato DP-S1(B) [16GB]
価格:25900円(税込、送料無料) (2018/1/23時点)


・容量:16GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:ES9018K2M×2
・アンプ:SABRE 9601K×2
・再生時間:約15時間(96kHz Flac アンバランス)
・サイズ:H94×W63×T15mm
・重量:130g

メモ
バランス駆動時DAC×2、アンプ×2で駆動。
アンバランス時DAC×1、アンプ×1で駆動。
DSDネイティブ再生可能。

XDP-300R


・OS:Android5.1
・容量:32GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:ES9018K2M×2
・アンプ:SABRE 9601K×2
・再生時間:約16時間
・サイズ:H128.9×W75.9×T12.7mm
・重量:200g

メモ
DP-X1A同様、アンバランス時に1基駆動?ソース見つからない。

XDP-30R


・容量:16GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:ES9018K2M×2
・アンプ:SABRE 9601K×2
・再生時間:約15時間(96kHz Flac アンバランス)
・サイズ:H94×W63×T15mm
・重量:120g

メモ
バランス駆動時DAC×2、アンプ×2で駆動。
アンバランス時DAC×1、アンプ×1で駆動。
DSDネイティブ再生可能。

DP-CMX1 GRANBEAT


・OS:Android6.0
・CPU:Qualcomm MSM8956 ヘキサコア (Dual Core 1.8G+Quad Core 1.4G)
・容量:128GB
・RAM:3GB
・外部メモリ:microSD×1
DAC:ES9018K2M×2
・アンプ:SABRE 9601K×2
・再生時間:25時間(96kHz/24bit、Flac、アンバランス、Simあり待受時)
・サイズ:H142.3×W72×T11.9mm
・重量:234g

メモ
バランス駆動時DAC×2、アンプ×2で駆動。
アンバランス時DAC×1、アンプ×1で駆動。

FiiO

FiiO X7


・OS:Android4.4.4
・容量:32GB
・外部メモリ:microSD×1
DAC:ES9018K2M×1
・アンプ:(AM1モジュール)OPA1612+AD8397
・再生時間:9時間
・サイズ:H130×W64×T16.6mm
・重量:220g

メモ
DSDネイティブ再生可能。
3種類のアンプを取り付け可能。

FiiO X5 3rd gen




・OS:Android5.1.1
・容量:32GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:AK4490EN×2
・アンプ:(AM1モジュール)OPA1642+OPA426
・再生時間:10時間
・サイズ:H114.2×W66.2×T14.8mm
・重量:186g

Fiio X5 2nd gen


・容量:なし
・外部メモリ:microSD×1
DAC:PCM1792
・アンプ:OPA1652+OPA1612
・再生時間:10時間
・サイズ:H109×W63.5×T15.3mm
・重量:165g

メモ
デュアルアンプ搭載。

FiiO X3 Mark III

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIIO X3 MARK III 純正品
価格:20800円(税込、送料別) (2018/1/23時点)


・容量:なし
・外部メモリ:microSD×1
DAC:PCM5242×2
・アンプ:OPA2140+OPA1622
・再生時間:10時間
・サイズ:H114×W59×T12.8mm
・重量:126g

FiiO X3 2nd gen


・容量:なし
・外部メモリ:microSD×1
DAC:CSS4398
・アンプ:OPA1642×2
・再生時間:11時間
・サイズ:H96.7×W57.7×T16.1mm
・重量:135g

Cayin

N5ii


・OS:Android5.1
・容量:32GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:ES9018K2M×1
・アンプ:OPA1652×2(I/V)、OPA1622×2(バランス)、OPA1622×1(アンバランス)
・再生時間:12時間
・サイズ:H115×W57×T15.3mm
・重量:150g

LUXURY & PRECISION

LUXURY & PRECISION L3


・容量:8GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:CS4398×2
・アンプ:?
・再生時間:10時間
・サイズ:H114×W60×T15.2mm
・重量:165g

メモ
DSDネイティブ再生可能。

audio-opus

Opus#1


・容量:32GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:CS4398×2EA
・アンプ:?
・再生時間:10時間
・サイズ:H112×W72×T18mm
・重量:185g

Opus#1S



・Android5.1.1
・容量:32GB
・外部メモリ:microSD×2
DAC:CS43198×2
・アンプ:?
・再生時間:11時間
・サイズ:H112×W72×T18mm
・重量:190g

まとめ

操作感が良いのは、DP-X1AをはじめとしたAndroid搭載機。
Opusはレスポンスが良いが、画面の情報量が多めで難しい感じがした。

ではでは