イヤホンと一緒に歩んでいく

某家電量販店のオーディオコーナーで働いていました。みごとに沼にはまりました。はい。

iOS 13 iPadOS 13 インプレッション 思わぬ改良点

こんにちは。mugiHaLです。

先日から配信されました、「iOS 13」、「iPadOS 13」のインプレッションについて簡単に述べます。



結論から言うと、感動した変更点は一つ。

iPadからiPhoneのインターネット共有に接続した場合にタイムアウトが無くなった点、です。



以前の記事で書きました、iPad mini(第5世代)から、「設定→Wi-Fi」と進み、iPhoneのインターネット共有に接続する機能がありました。

ゲーム機などのその他のWi-Fi対応機器の場合、iPhone側でインターネット共有画面を開いて、接続する必要がありますが、iPadからだとiPhoneを操作せずに簡単に接続でき、” Wi-Fiモデルなのにセルラーモデルのように ” 扱えるのがとても便利に感じていました。

audio-zk.hatenablog.com

従来(iOS 12以前)だと、iPadからインターネット共有で接続した場合、およそ2分程度でタイムアウトしていました。iPhone側でインターネット共有画面を開いたまま、画面を点灯させておけばタイムアウトにはなりませんが、セキュリティ上よろしくありませんし、バッテリーも減るためあまり良いものではありませんでした。こうなると、iPhoneも操作する必要があり、その他のWi-Fi対応機器と何ら変わりありません。Androidスマートフォンだと、タイムアウト設定が出来たりして良かったのですが、iPhoneの気になる点でした。

iOS 13にしてから、仕事で手書きメモを取るためにインターネット共有をしたところ、タイムアウトしないことに気づきました。ダークモードなど大きな変更点は知っていましたが、この機能は知りませんでした(どこかには書いていた?)。

f:id:zk_39:20190928131145j:plain:w400
休憩するために席を立った時に、iPhoneの左上がインターネット共有状態になっていて気づきました

仕事で、Apple Pencilを使用してメモを取っていますが、この間まで使用していた「Microsoft OneNote」では、オフライン時に作業したデータを同期させたとき、コンフリクトが発生してデータが崩れることもありました。出来ることであれば、常にインターネットに接続して同期させていればコンフリクトの心配がないので、今回のアップデートは、メモアプリを使用している人にはとてもグッドニュースだと思います。OneNoteで同期時にハングアップして使用できなくなってしまったので、現在は純正メモアプリを使用していますが、iCloudと常に同期がとれる点は変わらず嬉しいです。

それでは。